WordPress

ショートコードを管理画面で簡単に作成できる「Post Snippets」の紹介

WordPressにはショートコードと呼ばれる機能があり、それを使うとPHPのコードやHTMLの定型文などを簡単にブログの記事やテンプレートに埋め込めるようになります。ただ、普通のやり方でショートコードを作成しようと思うと、functions.phpをゴリゴリカスタマイズしないといけないのですよね。しかし、このエントリーで紹介する「Post Snippets」というプラグインを使えば、WordPressの管理画面で簡単にショートコードを作ることができます。使い方はとっても簡単なので、皆さまもぜひお試しください。

まずは管理画面からプラグインをインストールします。

プラグインの検索画面から「Post Snippets」と検索してプラグインを表示させます。「今すぐインストール」ボタンをクリックしてプラグインをインストールします。

プラグインのインストールと有効化ができたら、管理画面の「設定」メニューから「Post Snippets」をクリックします。

残念ながら英語の設定画面です。「Add New Snippet」をクリックして、スニペットを新規作成します。

今回はサンプルとして上記のような設定にしてみました。
この状態で「Update Snippets」をクリックして設定を反映させます。

それでは実際に作成したスニペットを使ってみましょう。新規投稿のページへ移動します。

投稿画面に「Post Snippets」というボタンが自動的に追加されています。クリックしてみましょう。

Post Snippetsの呼び出し画面が表示されます。
さきほど作成した「Hello」というタイトルのスニペットをクリックして選択し、「Insert」ボタンを押します。

この状態でプレビューボタンをクリックすると・・・

プラグインで設定した「Hello」のショートコードが「こんにちは。世界。」と記事に表示されるようになりました。
これがPost Snippetsプラグインの基本的な使い方です。

ちなみにこのプラグインは通常のHTMLだけでなく、PHPのコードを登録することも可能です。そのときの設定方法はこんな感じ。

ポイントは
・PHP Codeにチェック
・スニペット内には「<?php 」と「?>」は書かない
ということです。

使い方は一番最初に紹介したものと同じです。投稿画面から「Post Snippet」のボタンをクリックして、使用したいショートコードを選択します。

これで公開ボタンをクリックすると・・・

スニペットに登録したPHPが実行されているのが確認できます。

以上がWordPressのプラグイン「Post Snippets」の使い方です。
WordPressのサイトを制作するにあたり、定型文的なものが必要になる場面は結構あると思います。そういう時に、テンプレートのカスタマイズだけでがんばるのではなく、Post Snippetsのようなプラグインを使用することでスマートに実装できるようになるケースもあることを頭の片隅に置いておくといいと思います。

===

「いいね!」と思ったら、クリックお願いいたします<m(__)m>
にほんブログ村 小遣いブログ Webライター・ブログライターへ にほんブログ村 IT技術ブログ SEO・SEMへ にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ
ABOUT ME
コレカラウェブ
コレカラウェブです。フリーランスとしてWebライティング・SEOコンサルティング・メディア運営・障害者支援のお仕事を一貫して承ってきました。このブログではコレカラウェブのお仕事で得たノウハウやテクニックを詳しく紹介しています。所有資格:認定SEOコンサルタント・SEO検定1級・Webライティング実務士・ウェブ解析士・応用情報技術者・情報セキュリティスペシャリスト・FP2級・AFPなど。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA