ホームページ制作

いろいろなブラウザでHTTP/2通信ができているか確認する方法

2017年にいろいろなレンタルサーバーでHTTP/2通信がサポートされました。

HTTP/2とはいったいどういうものでしょうか?

HTTPとはクライアントとサーバーとの間の通信の決まり事のようなものです。これまではHTTP/1.1が広く使われてきました。HTTP/1.1ではレスポンスに時間がかかるということで新しく導入された決まり事がHTTP/2です。HTTP/2自体はHTTPおよびHTTPSの両方に対応しているのですが、メジャーなブラウザではTLS(暗号化通信)をサポートしたブラウザでのみ動作するのが一般的です。

HTTP/2についてのこれ以上の詳しい技術説明はここでは触れません。興味がおありでしたら、以下のサイトの解説をご覧ください。

さて、このエントリーでは新しい通信規約「HTTP/2」で通信できているかどうかを、いろいろなブラウザで確認する方法を紹介します。

Microsoft EdgeでのHTTP/2の動作確認方法

Edgeではブラウザを起動したのち、F12キーを押して開発者ツールを使用することでHTTP/2通信が行われているか確認できます。

「F12キー」⇒「ネットワークタブ」

より「プロトコル」を確認します。

プロトコルのところが「HTTP/2」になっていたら、HTTP/2通信が行われていることが確認できます。

Microsoft Internet Explorer11のHTTP/2の動作確認方法

IE11の場合もEdgeと同じ方法で確認できます。

「F12キー」⇒「ネットワークタブ」

より、「プロトコル」を確認。

HTTP/2」になっていたらOKです。

Google ChromeのHTTP/2の動作確認方法

Google Chromeの場合もF12キーの開発者ツールで確認できます。

「F12キー」⇒「Network」より「Protocol」を確認します。

Protocolの箇所が「h2」になっていたらHTTP/2で通信されていることが確認できます。

FirefoxのHTTP/2の動作確認方法

Firefoxの場合もF12の開発者ツールでHTTP/2通信の確認ができます。

「F12キー」⇒「ネットワーク」より「プロトコル」を確認

プロトコルのところが「HTTP/2.0+h2」になっていたら、HTTP/2で通信できていることが確認できます。

いろいろなブラウザでHTTP/2通信ができていることを確認する方法は以上です。

以前は専用のアドオンなどを使わないと確認できなかったのですが、現在はF12キーによる開発者ツールでHTTP/2通信ができているかどうか確認できます。

お仕事のご相談・ご依頼をお待ちしております

コレカラウェブでは、Webライティング・SEO・メディア運営・障害者支援のお仕事を承っております。専門知識が豊富な村上英輝が直接担当いたします。ご相談・お見積もりは無料です。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

===

Twitterアカウント:@corekaraweb
⇒管理人・村上英輝が発信するフリーランスの日常を発信しています。WebライターやSEOライターのお役立ち情報もたまにあるかも! フリーランスの方やライターの方はフォローバックしておりますので、お気軽にフォローしてください!

facebookページ:コレカラウェブ
⇒「コレカラブログ」を含めたコレカラウェブのブログ運営の裏側を公開しています。ブログに公開する前の先行情報や運営方針などを記録しています。PVや収益に関する生々しい話も!よろしければ「いいね!」お願いいたします。

「いいね!」と思ったら、クリックお願いいたします<m(__)m>
にほんブログ村 小遣いブログ Webライター・ブログライターへ にほんブログ村 IT技術ブログ SEO・SEMへ にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ
ABOUT ME
村上英輝
2018年4月に開業したコレカラウェブ代表の村上英輝です。フリーランスとしてWebライティング・SEO・メディア運営・障害者支援のお仕事を一貫して承ってきました。現在はフルリモートのWeb制作会社でSEO担当者もやっています。このブログではコレカラウェブのお仕事で得たノウハウやテクニックを詳しく紹介しています。所有資格:認定SEOコンサルタント・SEO検定1級・Webライティング実務士・ウェブ解析士・情報セキュリティスペシャリスト・FP2級・AFPなど。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA