WordPress

Contact Form 7の「サイトのドメインに属していないメールアドレスが送信元に設定されています。」に対応する方法

WordPressで運営されているブログのお問合せフォームを見ると、プラグイン「Contact Form 7」で作られているものばかりです。

Webエンジニアなら想像ができるかもしれませんが、柔軟にカスタマイズできるお問合せフォームの開発って、意外と難しいのですよね。

それを考えると「Contact Form 7」は本当に良くできたプラグインだと感心します。

ところが、そんな便利なContact Form 7で思わぬエラーが発生。メッセージをよく見てみると、

サイトのドメインに属していないメールアドレスが送信元に設定されています

サイトのドメインに属していないメールアドレスが送信元に設定されています。

というメッセージのエラーが発生。

今回はこのエラーの原因と対策方法について紹介しようと思います。

設定エラー「サイトのドメインに属していないメールアドレスが送信元に設定されています。」の状況を詳しく探ってみる

設定エラー「サイトのドメインに属していないメールアドレスが送信元に設定されています。」の発生箇所について、もう少し詳しく見てみましょう。

WordPressの管理画面からエラーが発生している箇所まで探ります。

2件の設定エラーを検出しました

左メニュー「お問い合わせ」→「コンタクトフォーム」にエラーマークが表示されています。

クリックすると、「2件の設定エラーを検出しました」と表示されます。

エラーが発生しているお問い合わせフォームのクリックします。

「メール」タブにエラーマークが表示されています。ここもクリックしましょう。

「メール」の「送信元」が

[your-name] <[your-email]>

の箇所で1つエラーが発生しています。

「メール2」の「送信元」でも同様のエラーが発生しています。

この設定エラーが発生する原因

さて、このエラーですが、「サイトのドメインに属していないメールアドレスが送信元に設定されています。」と記載されているように、メールアドレスとして指定されている文字列が、

サイトのドメインに属していない

つまり、メールフォームを設置しているドメインを含んでいないことが原因のようです。

少しわかりにくいので、当サイト「コレカラブログ(https://corekara-web.net/blog)」を使って説明しましょう。

Contact Form 7で設定する「送信元」はお問い合わせフォームからメッセージを送信した訪問者のメールアドレスになるのが自然な考えです。

つまり、例えば送信者の名前が「佐藤さん」で、メールアドレスが「satou@gmail.com」だとすると、送信元のメールアドレスとしては「satou@gmail.com」になるはずです。そうなるように、送信元のメールアドレスとして「[your-email]」を設定していたのでした。

しかし、Contact Form 7のルールでは、

お問合せフォームから送信されたメールの送信元は、お問い合わせフォームを設置しているドメインから送信されるべき

と、考えているようなのです。つまりコレカラブログのお問い合わせフォームからのメールの送信元としては

satou@corekara-web.net

のように、このサイトのドメインをメールアドレスに含まなくてはならないようです。

なぜこのような仕様になっているのでしょうか?

それは、「メールを送信するサーバーのドメイン」と「送信元に指定されているメールアドレスのドメイン」が異なっている場合、「成りすましメール」と見なされてしまう可能性があるからです。

もしそのように扱われてしまうと、迷惑メールとして認識される可能性があり、受信したメールが届かなかったり、「迷惑メールフォルダ」に移動させられたりすることがあるからです。

というわけで、この設定エラーの解決策としては、「送信元」として指定するメールアドレスのドメインが、「Contact Form 7を設置しているWebサイトのドメイン」にすれば良さそうです。

この設定エラーへの対策方法

対策方法としては簡単で、「送信元」のメールアドレスとして、Contact Form 7を設置しているWebサイトのドメインを持つメールアドレスを指定すれば良いのです。

例えば当サイト「コレカラブログ(https://corekara-web.net/blog/)」の場合は、

のようにドメイン「corekara-web.net」を含むメールアドレスにすることで解消します。ここでは「blog@corekara-web.net」とWebサイトのドメインを含む仮のメールアドレスを設定しています。

しかし、この設定ではメールの送信者が先ほど紹介した「佐藤さん(satou@gmail.com)」のメールアドレスではなくなってしまいます。

これを防ぐために、Contact Form 7の「追加ヘッダー」設定を行います。

追加ヘッダーの設定

「追加ヘッダー」の項目に

Reply-To: [your-email]

と設定することで、本来のメール送信者である「佐藤さん」のメールアドレス宛にメールの返信ができるようになります。

これで、

「サイトのドメインに属していないメールアドレスが送信元に設定されています。」

の設定エラーに対する対応は完了です。

まとめ

WordPressの定番お問合せフォームプラグイン「Contact Form 7」でよく発生する設定エラーと解決策について紹介してきました。

実はこのエラーに関しては、ここで紹介したような対策を行わなくても、ちゃんと動作することがあります。

しかしWordPressの管理画面にエラーが表示されたままだと、何となく気持ちが悪いですよね。

もしContact Form 7で同じ設定エラーが発生していたら、まずはこの記事で紹介した対策を試してみてください。

===

Twitterアカウント:@corekaraweb
⇒管理人・村上英輝が発信するフリーランスの日常を発信しています。WebライターやSEOライターのお役立ち情報もたまにあるかも! フリーランスの方やライターの方はフォローバックしておりますので、お気軽にフォローしてください!

facebookページ:コレカラウェブ
⇒「コレカラブログ」を含めたコレカラウェブのブログ運営の裏側を公開しています。ブログに公開する前の先行情報や運営方針などを記録しています。PVや収益に関する生々しい話も!よろしければ「いいね!」お願いいたします。

「いいね!」と思ったら、クリックお願いいたします<m(__)m>
にほんブログ村 小遣いブログ Webライター・ブログライターへ にほんブログ村 IT技術ブログ SEO・SEMへ にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ
ABOUT ME
村上英輝
2018年4月に開業したコレカラウェブ代表の村上英輝です。フリーランスとしてWebライティング・SEO対策・メディア運営・障害者支援のお仕事を一貫して承ってきました。現在はフルリモートのWeb制作会社でSEO担当者もやっています。このブログではコレカラウェブのお仕事で得たノウハウやテクニックを詳しく紹介しています。所有資格:Webライティング実務士・ウェブ解析士・SEO検定1級・情報セキュリティスペシャリスト・FP2級・AFPなど。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA