WordPress

カテゴリーの説明部分にHTMLタグを入力する方法

WordPressで管理されるカテゴリーには「カテゴリー名」と「スラッグ」と「親」のほかに「説明」というフィールドを設けることができます。しかしここにHTMLタグを含めた文章を入力しても自動的に削除されてしまいます。(厳密にいうと、説明を出力するときにHTMLタグが削除される)

今回のエントリーではカテゴリーの説明部分に入力したHTMLタグをそのまま出力させる方法を紹介します。

functions.phpに以下のように記述します。

remove_filter( 'pre_term_description', 'wp_filter_kses' );

この1行を追加することで、カテゴリーの説明に入力したHTMLタグが有効になります。ちなみにこの1行を追加すると管理画面のカテゴリーの説明部分においてもHTMLが有効になったデザインで表示されます。スタイルシートも有効になります。

管理画面のカテゴリー設定ページでもHTMLが有効になります。

これがいいのか悪いのかは自分の期待する結果によると思いますが・・・

===

「いいね!」と思ったら、クリックお願いいたします<m(__)m>
にほんブログ村 小遣いブログ Webライター・ブログライターへ にほんブログ村 IT技術ブログ SEO・SEMへ にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ
ABOUT ME
コレカラウェブ
コレカラウェブです。フリーランスとしてWebライティング・SEOコンサルティング・メディア運営・障害者支援のお仕事を一貫して承ってきました。このブログではコレカラウェブのお仕事で得たノウハウやテクニックを詳しく紹介しています。所有資格:認定SEOコンサルタント・SEO検定1級・Webライティング実務士・ウェブ解析士・応用情報技術者・情報セキュリティスペシャリスト・FP2級・AFPなど。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA