障害者支援について

私は、23歳のときにメンタルな障害を患ってしまい、大学を中退した経験を持ちます。プロフィールにも少し書きましたが、その後は安定のニートコース。

転機が訪れたのは、通院先のデイケアに通い始めたことでした。

そのデイケアでのケース担当から教えていただいた就労移行支援施設で訓練をして、働けるようになった経緯があります。

・デイケア
・就労移行支援
・就労継続支援A型
・障害者雇用
・フリーランス
・アルバイト

など、これまで多くの働き方を経験してきました。このような経験を生かして、少しでも同じように苦しんでいる障害者の方をサポートできたらと思っています。

といっても、直接支援するのは難しいかもしれませんので、まずはお問い合わせページからメールをいただければと思います。

ささいな質問や相談で構いませんので、お気軽にご連絡くださいませ。

私がお役に立てること

趣味でやっていた時期を含めると20年以上のWeb制作の経験を持ちます。主にコーディングやプログラミングが得意ですが、デザインも可能です。最近はマーケティングやコンテンツ制作もやっています。

Word、Excel、PowerPointなども普通に使えますので、仕事に必要なITスキルに関する質問にはお答えできると思います。

(個別のテクニックや知識については、答えられないこともあるかもしれません)

またIT系やビジネス系の資格を多数保有しているので、資格取得のための勉強法や仕事での生かし方なども教えられます。

2016年10月から放送大学に入学して大学生をやっています。2022年9月に卒業予定です。「放送大学ってどんな感じ」みたいな質問も大歓迎です。

障害者にしては向上心のある方なので、スキルアップや資格取得、学び直しなどについてのご相談でしたら、お力になれると思います。

今後の展望

私は現在、中小企業診断士と社会保険労務士の資格を取得するために勉強中です。いまは中小企業診断士の試験合格に専念しています。その後は社会保険労務士を取得するつもりです。

将来、といいますか漠然とした目標なんですが、障害者の立場で障害者の就労環境の改善と賃金アップに貢献できるような仕事をしたいと思っています。そのためには経営の知識と労務の知識をベースとして持っておきたいんですよね。

今はWeb業界の仕事をメインでやっていますが、これは社会人としての経験値を高めるための仕事と割り切ってやっています。働くのであれば、得意なことや好きなことをやっている方が、やっぱり幸福だと思うからです。あとは将来に本格的に障害者支援をするためにも、いまは修行と割り切って社会人経験を重ねた方がよいと思っているからです。

これを書いている2022年は新型コロナウイルスが大流行しています。それとは関係なくても日本はこの20年間で、本当に元気がなくなってしまいました。私は社会的弱者という立場で、幸せに働ける障害者を一人でも多く生み出したいと思っています。

まだまだ自分には実力が足りていないと思いますが、老後のライフワークと考えながら、目標を達成できるように、自分らしくマイペースにスキルアップしていくつもりです。